THONET 209

『THONET』209モデルのアームチェアー。ル・コルビュジエが愛用していたことからコルビュジエ・チェアーともよばれているトーネット209モデル。第二次世界大戦後にTHONET社の工場が国有化され『LIGNA』社と名前を変更され製造されたタイプになります。大胆なアームの曲線が美しく品のある佇まいです。座面部分の状態も良く日常使い頂けます。今回のような経年変化し風合いの良い色付きのモデルは近年非常に入手が難しくなってきており海外でもなかなか見かける事のない逸品です。



Made In: CZECHOSLOVAKIA
Condition: Vintage [c.1960-]
Size: W540 × D565 × H780mm
Seat Height: 460mm
NOo: CH160
この商品について問い合わせる

143,000 yen